A.信用金庫+ネット銀行がオススメです!

 信用金庫 と ネット銀行 で口座開設しましょう!

金融機関って違いあるの?

ざっくり4つに分けられます。

 信用金庫、メガバンク、地銀、ネット銀行

<信用金庫>
 京都信用金庫、大阪シティ信用金庫、枚方信用金庫、京都中央信用金庫など

 小さな会社が付き合うなら信用金庫がおすすめです。
 なぜなら、信用金庫のターゲットが「小さな会社」だから。

 信用金庫は、営業地域が限定されています。
 たとえば枚方の会社の場合、
 京都信用金庫には口座開設できますが、京都北都信用金庫には開設できません。
  ※営業地域に会社が無くても社長が住んでればOKなど例外もあります。

<メガバンク>
 りそな銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行など

 「メガバンク」は、「大きな会社」をターゲットとしています。

 「個人」としては誰もが1つは預金口座を持っていると思いますが、
 「個人事業主」や「小さな会社」がメガバンクと付き合うメリットはあまりありません。

<地銀>
 関西未来銀行、京都銀行など

 各地方に本店を置く銀行です。
 メガバンクと信用金庫の間というイメージ。

 会社の規模が大きくなってきたら、
 信用金庫に加えて、地銀と付き合うことを考えます。

<ネット銀行>
 楽天銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行など

 とにかく手数料が安いのがメリットです。

信用金庫とネット銀行、どうやって選べばいい?

 <信用金庫>

 「預金口座」が必要なだけであれば、どこでも違いはありません。
 「メガバンク」でも問題ないです。

 信用金庫と付き合うのは、「借入」をするためです。

 信用金庫によって力を入れていることが違うので、合うところを探します。

 会社の顧問税理士やコンサルタントが
 懇意にしている信用金庫を紹介してもらえれば、
 融資をスムーズに受けられることもあります。

 <ネット銀行>

 振込の支払いの手数料を抑えるために利用します。

 振込手数料とATM利用料が安いところを選べばOKです。

 

まとめ

<これだけは知っておきたいこと>

 銀行の規模によって、ターゲットとしている会社は違います。
 小さな会社は、「信用金庫」と付き合いましょう。

<専門家などに検討を任せること>

 懇意にしている金融機関があれば、紹介してもらう。

<経営者として決めること>

 どの金融機関と付き合うか決めて、
 不要な預金口座があれば解約しましょう。

 預金口座がいくつもあると、煩雑になってしまいます。