月次決算の『速報』を作成しよう

先月分の月次決算書はもう完成しましたか?

まだ作成していない、という方は
「数字」にこだわりすぎなのかもしれません。

 

水道光熱費、通信費・・・など
まだ資料が届いてないものもあると思います。

しかし、請求額が確定する中旬もしくは下旬では、
前月の数値を見るのには遅すぎます。


会社の規模にもよりますが、数千円~数万円単位は概算でもいいので、
前月(もしくは前年同月)の数値を入力しておき、
概算の月次決算書であれば、初旬には完成できるはずです。
とりあえずスピード重視。

1円単位の正確な決算書は、
請求書が届いた時点で修正して作成すればいいのです。

 

1.売上を確定させる。

月末時点で、今月の売上がいくらかわからない、

ということは、ないはずです。

 

2.購入額・発注額を集計する。

経費の方は、先月に購入したもの(外注含む)と毎月発生するのもにわけます。

 

先月中に購入したもののレシートもしくは請求書を集計します。

また、外注費や手数料などでも請求書が届いていなくても

発注した段階で金額は把握しているはずです。

 

3.毎月発生するもの(概算額)

毎月発生する、水道代、電気代、通信費などは、

月初の段階では確定値はわかりません。

ただし、毎月発生するものなので概算額はわかっているはずです。

 

あくまで速報値を出すためです。

1円単位にこだわる必要はありません。

前月、もしくは前年同月の数値で計上しましょう。

 

4.まとめ

月初に前月の数字を把握しているかどうかで、

今月の計画も変わってきます。

 

前月の数字がよくなかったら、

今月は挽回が必要でしょう。

 

忙しいと思ったのに利益はあんまり…

だとしたら、料金設定が間違っているかもしれません。

 

すべて正確な数字が手に入るまで

待っていたのでは遅いです。


その判断に、1円単位の正確性は本当に必要ですか?


経営判断のために、概算の月次決算をできるだけ早く作成する。

スピードアップで、役立つ経理にレベルアップできます。