国税局は、バイオリンを『楽器』じゃないと言う!

バイオリンを『楽器』として法人税の申告を行ったある会社が、

国税局から『楽器』じゃないと言われて、20億円の申告漏れを指摘された、というニュースが流れました。

 

こう書くと国税局の言ってることが無茶苦茶に思えるんですが、

税金の世界では、国税局が正しいんです。

論点は、『経費』にできるかどうか。

まず税金を計算するための、基本的な知識を確認しておくと、

税金はざっくり次のように計算されます。

 ①利益 = 売上 ー 経費

 ②税額 = 利益 × 税率

経費が増えれば、利益が減って、税金は安くなります。

今回のニュースも同じですが、
税務調査でよく問題になるのが、『経費』にできるかどうか。

何でもかんでも『経費』にできるわけではなく、

『経費』にできるものは、税法で決まっています。

『楽器』なら経費にできる。

今回の事件は、明らかに会社側の間違いで、

会社もすでに修正に応じているとのことですが、

会社が当初行った処理は、

 ・バイオリンは、楽器

 ・楽器は、減価償却資産

 ・減価償却資産は、経費計上できる

※建物や車、機械など、高額で数年にわたって使用できて、
 使用すれば、劣化していって徐々に価値がなくなっていくものは、
 『減価償却資産』といって、数年にわたって経費に計上するルールが適用されます。

 (例)車を120万円で購入。耐用年数は6年。

    →毎年20万円ずつ経費計上する。

『楽器』ではなく、『美術品』。

単なる『楽器』なら問題なかったんですが、

今回、問題となったバイオリンは、『ストラディバリウス』でした。

300年も前に製作されたのに、
2011年には、最高12億円で取引されたこともある『楽器』です。

 

税法上、減価償却資産となる『楽器』であれば、

新品なら5年、中古なら2年で経費計上できることになっています。

 

『ストラディバリウス』は、もちろん中古ですよね。


今回の『ストラディバリウス』がいくらだったかはわかりませんが、

数千万円、数億円はしたのではないでしょうか。

 

会社が『ストラディバリウス』を購入してから

2年で価値がゼロになる…わけないですよね。

 

そのため、ストラディバリウスのような価値が減少しない

特殊な『楽器』については、

税法上は、『美術品』として扱われるんです。

 

『美術品』は、時間の経過とともに劣化して価値が減少するわけではないので、

『経費』にすることはできません。

国税局の指摘は・・・

 ・ストラディバリウスは『楽器』ではなく『美術品』

 ・美術品は、経費にできない

 ・経費が減ると、利益は増える

 ・利益が増えると税額も増える

 ・納めてた税金が20億円ほど足りないので納付してください

 

特殊なケースですが、
国税局は、バイオリンを楽器じゃないと言うこともあるんです。

まとめ

今回のケースは特殊でわかりやすいですが、

税金の世界には、税法で決められたルールがあるので、
日常の知識で判断すると、税法上は間違ってたってことがありえます。

税金の世界のルールを知らなくて損することがないようにしたいですね。