リタイア時にいくらあれば、死ぬまで安心?


人生100年時代。

厚生労働省の発表(2018年9月)によると、

100歳以上の人口 69,785人。

何歳まで生きるかは、その時になってみないとわからないけれど、

『死ぬまで、そこそこゆとりある生活をしたい』のであれば、

100歳まで生きることを前提にしておいた方がよさそうです。

70歳でリタイアすると、100歳まで30年。

リタイア時にいくらあれば、ゆとりある老後を暮らせるでしょうか。

ゆとりある老後には、いくら必要?

生命保険文化センターの発表(2016年9月)によると、

ゆとりある生活には、


月額 35万円かかるそうです。

今回は、この金額を前提に検討してみます。

リタイア時には、いくら必要?

70歳で引退して100歳まで、30年。

単純に計算すると、


1億2600万円(=35万円×12ヶ月×30年)


かなり大きな金額ですね。
かと言って、カツカツの生活はしたくないし、
ちゃんと準備しておく必要がありそうです。

3つに分けて準備する。

老後資金の準備は、大きく分けて3つあります。


 1.貯金(投資)
 2.年金
 3.退職金


貯金だけで1億円超を貯めようと思うと、
気が遠くなりそうですが、
経営者の方なら、年金・退職金もフル活用することができちゃいます。

公的年金で最低2300万円カバーできる

個人事業主の方が加入する国民年金。
会社の社員(役員、従業員)が加入する厚生年金。


どちらに加入してても受け取れるのが、老齢基礎年金。

その額
月額6万5千円

これを30年間受け取ると、2300万円

厚生年金に加入していれば、
老齢基礎年金にプラスして、
いわゆる『2階建て部分』、老齢厚生年金が受け取れます。


老齢厚生年金をいくら受け取れるかは、人それぞれ。
支払った厚生年金保険料によって違ってきます。

たとえば、
給与50万円で厚生年金に20年加入すると、
老齢基礎年金・老齢厚生年金で4200万円はカバーできます。
詳しくは、『ねんきんネット』で試算することができますよ!

公的年金のほかに、
iDeCoやiDeCoプラスも使って、節税しながら準備することもオススメです。

退職金は、手取りが多い

会社から給与で受け取ると、
25%くらいは、社会保険料とか税金で取られてしまいます。

けれど、退職金であれば、社会保険料は掛かりません!

税金(所得税や住民税)もかなり低く設定されています。

たとえば、30年勤務すれば、
   1500万円までは税額0円!
   2000万円だと51万円。
 2.5%くらいしか取られないんです。


 ※個人事業主の方は、事業主本人には退職金を出せません。

残りはいくら?

年金と退職金でいくらカバーできるでしょうか。

年金4000万円、退職金2000万円とすると
残りは、6000万円。

毎月いくら貯金すれば、引退するときまでに貯めれそうですか?

はじめはざっくりでいいので、
数字を使って考えることで
将来の備えができているのかわかってきます。

まとめ


老後もそこそこゆとりある生活をしようと思うと、

貯金だけで準備するのは難しそうです。

けれど、公的年金やiDeCo、退職金、小規模企業共済…

使える制度をフル活用すれば、死ぬまで安心して過ごせそうです。