月収50万円の手取り額


国税庁の発表(2018年9月)によると、

  平均給与 547万5千円(正規雇用・男性)

会社に属さない働き方を選択したからには、平均給与くらいは上回りたいもの。

平均給与を少し上回る


  月収50万円(年収600万円)

の手取り額っていくらになるでしょうか。

給与から控除されるもの

給与(役員報酬)から控除されるものは、大きくわけて2つある

社会保険料  税金

□社会保険料は、75,550円

   健康保険料  :25,475円
   介護保険料  : 4,325円
   厚生年金保険料:45,750円

 ※全国健康保険協会(協会けんぽ)で決められています。
  業種によっては、健康保険組合に加入することもできます。
 
□税金は、43,470円

   所得税 : 18,470円
   住民税 : 25,000円

 ※扶養親族なしで計算。
  住民税は、前年の年収600万円として概算。

毎月の手取り額

給与50万円から、社会保険料・税金を差し引くと


約38万円

ざっくり25%、1/4が控除されると、
覚えておくといいかもしれません。