Q.創業するのは、いつがいい?

A.能力・本気度・信用度が揃ったとき!

開業するのに、創業融資が必要であれば、
審査に通る条件を整えてから、融資を申し込みたいです。

創業融資で特に重視されるのが、

 能力・本気度・信用度です!

能力は何で判断される?

 銀行は、「この人は、ちゃんとお金を返してくれそう」と思えたら、お金を貸してくれます。

 たとえば、住宅ローンの場合、
 その人の「年収」という実績をみて、
 月々〇万円だったら返済できそう、と判断して限度額を決めます。

 けど、創業融資の場合は、
 これから事業をはじめるので、
 毎月いくら利益が出るか、月々いくら返済できそうか、わかりません。

 そこで判断材料の1つになるのが「実務経験」です。

   その業界が まったく未経験の人 と 長年携わってきた人

 どちらが詳しそうかというと、長年携わってきた人ですよね。
 長年培ったその業界に対する知識・経験があれば、
 その業界で成功する能力が比較的高いだろうと、判断してくれます。

 おおむね3年以上の実務経験があると評価してくれるようです。

  ※その業界で、どんな仕事をしていたかも重要です。
   業界にはいたけど、ずっと雑務をしていた、では評価されません。
 

本気度は何で判断される?

 人の気持ちって、他人からはわかりにくいですよね。
 コトバで伝えられる人もいれば、そうでない人もいます。
 そこで、判断材料となるのが、
 独立・開業に向けて、自己資金を貯めてきたかどうか

 いままで本気で欲しい物があったとき、
 それを買うために、お金を貯めたことありますよね。

 

 創業するのにお金が必要で、
 本気で創業したいのであれば、お金を貯めますよね。


 他のことを犠牲にしてでも、
 創業するために、お金を貯めてきたのであれば、
 融資の審査では、本気なんだな、と評価してくれます。

 創業に1000万円必要なら
 自己資金として300~500万円貯めておきたいです。

信用度は何で判断される?

 銀行は、お金にルーズな人は、
 返済してくれない可能性が高そうなので、避けたいと思ってます。

 時間にルーズな人は、いつも時間にルーズだし、
 お金にルーズな人は、いつもお金にルーズな傾向がありますよね。

 
 クレジットカード、携帯電話、水道光熱費、税金、社会保険料など、
 これまで期限を守って支払っていれば、信用を得ることができます。

 まとめ

<これだけは知っておきたいこと>

 創業融資は、実績がないので、これまでの行いが評価される。

<創業者として決めること>

 創業に向けて、いつ準備をはじめるか考える。

<専門家などに検討を任せること>

 創業のおおまかな時期について相談する。