個人事業主が関係する税金は、何種類?

学校では基本的に
税金の計算の方法なんて教えてくれません。

そのまま会社員(給与所得者)になれば、
会社が税金の計算(年末調整)をしてくれます。

 

「税金が高い」と嘆くわりに
税金のことをあまり知らない人が多いのは、
「年末調整」のおかげなわけです。

そんな方が
脱サラ起業したら、
税金の計算は自分でしろ、
というルールに
そこではじめて気づきます。

個人事業主のための、はじめての税金。

疑問に思われるであろうことについて、
数回にわけて書いていきます。

個人事業主が関係する税金は、何種類?

個人事業主が関係する税金は、何種類あるかご存知ですか?

 

ちなみに、
税金の種類は、約50種類って言われています。

 

  国税 地方税
所得課税

所得税

法人税

地方法人特別税

復興特別所得税

地方法人税

住民税

事業税

消費課税

消費税

酒税

たばこ税

たばこ特別税

揮発油税

地方揮発油税

石油ガス税

自動車重量税

航空機燃料税

石油石炭税

電源開発促進税

国際観光旅客税

関税

とん税

特別とん税

地方消費税

地方たばこ税

ゴルフ場利用税

自動車取得税

軽油引取税

自動車税

軽自動車税

鉱区税

狩猟税

鉱産税

入湯税

資産課税等

相続税・贈与税

登録免許税

印紙税

不動産取得税

固定資産税

事業所税

都市計画税

水利地益税

共同施設税

宅地開発税

特別土地保有税

法定外普通税

法定外目的税

国民健康保険税

 

 

この中で、

個人事業主が関係する税金は、

主に次のものになります。

 

利益に関係するもの

所得税・復興特別所得税・住民税・事業税

 

売上額などに関係するもの

消費税・地方消費税

 

事業規模に関係するもの

事業所税
※従業員が100名超、事業所の床面積が1000㎡超など、
条件があるため小規模な事業者であれば対象外。

その他

印紙税、自動車税、固定資産税など
書類の作成や資産の所有状況によって、
課税される税金もあります。

状況によって異なりますが

個人事業主には、3~10種類程度の税金が関わってきます。

節税できるのは、何種類?

個人事業主で「節税」ができるのは、基本的には4つ。

所得税・復興特別所得税・住民税・事業税です。

これらの税金は、利益の額をもとに計算されるため、
売上を減らすか、経費を増やすと、
税額は少なくなります。

利益 = 売上 - 経費

何人くらいが所得税を払ってる?

「事業所得」に限ると、
3月の確定申告のときに、
納税した人数は、169万7千人です。

個人事業主は約200万人といわれるので、
税金を払うほど儲かっている人は、
85%くらいだと思われます。