自宅開業でも固定資産税を経費にできるの?

店舗を必要としないビジネスであれば、
自宅開業をされている場合も多いです。

自宅兼事務所(持ち家)の場合、
固定資産税は経費計上できるのでしょうか。

1.個人事業主=自宅の所有者の場合

固定資産税のうち、
事業に使っている割合については、
経費計上することができます。

たとえば、
1部屋を事務所用として使用しているのであれば、
面積按分で事業に使っている割合を求めます。

2.個人事業主≠自宅の所有者の場合

配偶者や親族が自宅の所有者の場合には、生計一か否かで扱いが異なります。

※生計を一にする

生活費を共にしているかどうか。
同居でも、生活費を完全に分けていれば、生計は別になります。
また、別居していても生活費を共にしていれば(単身赴任など)生計一になります。

(生計一の場合)

配偶者や親族が固定資産税を支払っても
事業に使用している部分は経費計上することができます。

(生計別の場合)

配偶者や親族が支払った固定資産税は、経費計上することができません。

個人事業主の方が固定資産税に相当する額を
親族等に支払っていれば、その額は経費計上することができます。

3.まとめ

自宅の固定資産税であっても、
事業に使っている部分であれば、経費計上することができます。

また、生計一であれば、
家族が負担していても経費計上することができます。

経費計上できるものは、めんどくさがらずにすべてする。

節税のキホンです。