建設業が好調? 申告漏れが高額な業種TOP10

 

先日、税務署から封書が届きました。

何も身に覚えがないのに、

税務署から郵便物が届くっていうのは

嬉しいことではないですね。

(年一回の税理士への概況調査でした。)

 

 

「個人の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種」

という資料を国税庁が発表している。

 

やはり、という業種が並んでいるのだが、

そもそも、申告漏れランキングに

予想できる業種が並んでいること自体、

申告納税制度が機能していない気もする。

 

 

そんなランキング。

TOP10は、このようになっています。

順位 業種 申告漏れ所得金額
1位 風俗業 2,083万円
2位 キャバレー 1,667万円
3位 プログラマー 1,178万円
4位 畜産農業
(肉用牛)
1,150万円
5位 防水工事 1,109万円
6位 ダンプ運送 1,097万円
7位 型枠工事 1,015万円
8位 特定貨物
自動車運送
1,007万円
9位 解体工事 998万円
10位 とび工事 972万円

 

やはり夜のお仕事は儲かるらしい。
ちなみに、風俗業とキャバレーは過去5年、
1位、2位を常に争っています。

あとは、建設業も多くランクインしています。
近頃、工事ラッシュですもんね。

 

急に儲かったからと言って、
申告をしないでいると税務調査がやってきます。

きちんと申告をしていれば、
調査に何日も立ち会う必要もないですし、
毎日びくびくしながら過ごす必要もないですよ。