ざっくりわかる!青色申告の65万円控除のメリット!

個人事業主の方なら
1度は聞いたことがあるであろう、
『青色申告の65万円控除』

青色申告の「メリット」欄に、どこにでも書いてありますが、
「メリット」だと理解できている人が果たしてどれくらいいるのか、
疑問に思うことが多々あります。

そこで今回は、
青色申告の65万円控除に限定して
ざっくりお伝えしてみます。

【この記事の目標】

『青色申告の65万円控除』のメリットをざっくり理解できる。

1.所得税の計算方法をざっくり理解する。

所得税は、ざっくり次の式で計算されます。

①税金が掛かる所得(課税所得)を計算する

課税所得=所得―所得控除

②課税所得に税率を掛けて、所得税額を計算する

所得税額=課税所得×所得税率

<ポイント>

『課税所得』が少ないほど、税額は少なくなる。

2.所得・所得控除ってなに?

2-1.所得とは

所得は、10種類あります。
個人事業主の所得は、『事業所得』もしくは『不動産所得』です。

他には、給与所得、退職所得、雑所得など・・・

(事業・不動産)所得=売上金額-経費

<ポイント>

『所得』が少ないほど、『課税所得』は少なくなる。

『売上』が少ないほど、『所得』は少なくなる

『経費』が多いほど、『所得』は少なくなる

<注意>

税金を減らすために、
とにかく『経費』を増やす方がいますが、
必要以上に、接待をしたり、物を買ったりすると、
その分、確実にお金はなくなっていきます。

たとえば・・・

①取引先との飲食で10万円を費やす

②税金を4万円払って、手元に6万円残す。
6万円で家族と食事にいく(旅行に行く、学費にあてるなど)

どちらがご自身の価値観に合っているかは、常に考えることが大事です。

2-2.所得控除とは

基礎控除や配偶者控除、社会保険料控除(健康保険、年金など)です。

<ポイント>

『所得控除』が多いほど、『課税所得』は少なくなる。

3.「65万円控除」ってどこから控除される?

ここまでをまとめると、次のようになります。

少ないほど税額が少なくなるもの

課税所得・所得・売上

多いほど税額が少なくなるもの

所得控除・経費

 

個人事業主の青色申告の特典である65万円控除は、
『所得』を計算する際に控除できます。

所得の計算をもう一度確認すると・・・

(事業・不動産)所得=売上金額―経費

この状態だと、『所得』って、いわゆる『利益』と同じです。

 

ここで登場するのが『65万円控除』です。

青色申告で要件を満たすと・・・

所得=売上金額-経費―65万円

なんとお金を使わないのに、所得が65万円も減るのです!

4.『65万円控除』の効果ってなに・・・?

65万円控除で『所得』が減るのは
なんとなくお分かり頂けたかと思います。
それがどんな効果があるんでしょうか。

4-1.所得税

所得が65万円減ると、課税所得も65万円減ります。

これを所得税額に換算すると

最低税率(5%)32,500円

最高税率(45%)292,500円

青色申告を行うだけで、3万円以上税金が安くなります!

4-2.住民税

住民税は、基本的に一律10%。

65,000円の節税となります。

4-3.国民健康保険料

個人事業主の方は、国民健康保険に加入されている方が多いですが、

これも『所得』をもとに計算されるのです。

青色申告すると、健康保険料も減額されます。

介護保険なし 71,565円

介護保険あり 85,085円

なお、国民健康保険料には、上限額があり、
所得600万円ほどで上限額に達します。
残念ながら、所得が大きく超えている方は、
減額効果を得られません。

5.まとめ

『青色申告の65万円控除』のメリットは・・・

所得が65万円減ることにより、税金や健康保険料が減ります!

所得税 3万円以上

住民税 約6万円

健康保険料 約7万円

お金を使わずに、

節税、社会保険料の減額ができる、

つまり15万円近く手元にお金が残る、というメリットがあります!