税金、社会保険料の支払い予定表をつくろう!

 

確定申告終われば、次の悩みは、納税です。

振替納税であれば4/20までに

まとまったお金を準備しなくてはいけません。

 

 

4/20さえ乗り切れば・・・

と思って気を緩めていると、

 

住民税、固定資産税、自動車税、健康保険、、、

今年度分の決定通知書が次々届きます。

 

通知書にしたがって支払わなければならないのですが、

通知が届いてから慌てていては、

いつまで経ってもお金の流れを把握することはできません。

 

 

個人事業主の方は、
国民年金だけでも20万円近くになるため、

少ない方でも年間数十万円以上の税金・社会保険料を支払っています。

 

 

先手を打って、『支払い予定表』を作成して、

いつどれくらいの支払いがあるのか、

お金の流れを確認できるようにしましょう!

 

 

この時点では、ざっくりとした支払い予定表を作成します。

ここでは、数千円単位にこだわっていてもあまり意味がありません。

正解は、5月・6月頃に届くので、その時に更新すればいいです。

 

確定申告が終われば、

前年分の所得が確定したことになります。

 

今年度中に支払うべき税金、社会保険料は、

前年所得をもとに算出されます。

 

【準備する書類】

・確定申告書(第一表)

・消費税申告書(消費税を納めている場合)

 

①住民税

所得税と計算が異なる部分もありますが、

ざっくりであれば、次の式で計算できます。

住民税額=『課税される所得金額』×10%

 

4回にわけて支払います。(大阪府枚方市:6,8,10,12月)

 

 

②事業税

事業税額=(『事業所得』+65万円-290万円)×5%

 

2回にわけて支払います。(大阪府:8,11月)

 

(※医師、歯科医師、柔道整復師の保険診療などは非課税です)
③固定資産税

購入・譲渡がなければ、前年と同額を記載しておきます。

 

4回にわけて支払います。(大阪府枚方市:5,7,9,11月)

 

④自動車税、軽自動車税など

前年と同額を記載しておきます。(5月)

 

⑤国民健康保険料

少し計算がややこしいため、あくまで概算で計算します。

健康保険料=『合計所得金額』×15%

 

10回にわけて支払います(6月~翌年3月)

 

※限度額89万円のため、
前年が限度額に達しているのであれば、同額を記載しておきます。

 

⑥国民年金保険料

平成30年度は、16,340円/月です。

 

⑦予定納税(所得税、消費税)

所得税・・・『所得税及び復興所得税の申告納税額』が15万円を超えている

『申告納税額』×1/3 を7月と11月に支払います。

 

消費税・・・少し計算が難しいので割愛します。

事業に大きな変化がなければ、前年と同額を記載します。

 

税金・社会保険料 支払い予定表

税金 社会保険料
2018 4

所得税・消費税

(振替納税)

  年金    
5   固定資産税
自動車税
年金    
6 住民税   年金 健保  
7 所得税(予定) 固定資産税 年金 健保  
8 住民税
事業税
  年金 健保  
9   固定資産税 年金 健保  
10 住民税   年金 健保  
11 所得税(予定)
事業税
固定資産税 年金 健保  
12 住民税   年金 健保  
2019 1     年金 健保  
2     年金 健保  
3     年金 健保  
4 所得税・消費税
(振替納税)
  年金    

 

※消費税の予定納税は、回数が異なるため、

それぞれ当てはまる月に記載してください。

年1回:8月

年3回;5月、8月、11月

年11回:5月~翌年2月

 

作成されたら、毎月の支払額を集計してみてください。

資産をお持ちの方は、ほぼ毎月、

お持ちでない方でも2ヵ月に1度は

まとまった額の支払いがあると思います。

 

 

お金の流れを把握する第一歩。

毎月、いくら支払いがあるか

事前に把握しておくことが大切です。