税務調査がやってくる確率は・・・?

事業をしている人にとっては、

できれば一生来てほしくない、税務調査。

 

年間にどれくらいの人が、

招かざる客に訪問されているのか、

国税庁の発表資料からまとめてみました。

(※2016年7月~2017年6月のデータになります)

 

1. 税務署からの問い合わせ総数。647,144件!

 

書類の提出漏れていませんか? くらいの簡単な連絡を含めると、

1年間に税務署から問い合わせがされたのは、約65万件。

 

確定申告書(還付申告含む)を提出した人が約2150万件。

 

確定申告をした人のうち、100人に3人は何らかの問合せを受けます!

 

少し大げさに書きましたが

約65万件のうち約57万件(89%)が簡単な連絡に分類されます。

税務署の人が事務所にやってくる、いわゆる『税務調査』は7万件です。

 

2.ちょっと気になるから調査してみた件数。21,226件!

 

7万件のうち、2万件は通常の税務調査。

 

きちんと申告をしているつもりの方でも、対象になる可能性があります。

 

運悪くこの2万件の中に選ばれてしまうと

そのうち74%の人が申告漏れなど何等かの指摘を受けてしまいます。

 

この調査によって、58億円が徴収されています。

さらにペナルティである加算税は8億円。

 

3.悪質なので徹底的に調査した件数。49,012件!

 

この中には、税務調査の日数10日以上っていうものもあります。

意図的に、悪質に所得隠しをしている人の総数はわかりませんが、

毎年約5万件は、徹底的な調査が行われています。

 

ちょっと不思議なのが、5万件のうち

申告漏れなどの指摘を受けたのは87%という事実。

 

しかし、この調査によって、641億円が徴収されています。

さらにペナルティである加算税は112億円。

 

やはり、悪質なのには違いないようです。

 

 

4.まとめ

税務調査があっても何も指摘されなかった方は一定数います。

 

税務調査=無理やり税金を持っていかれるではありません。

 

通常の税務調査があっても、25%の方は

何も指摘されないように、

正しく申告さえしていれば、決して怖いものではないのです。