儲かっていても、倒産する。売上、利益とともに気にすべき数字。

「黒字倒産」という言葉を知っていますか?

 

 

 

読んで字のごとく、「黒字なのに倒産する」会社があります。

 

 

 

売上・利益ばかり追いかけていると、

黒字倒産という落とし穴に嵌るかもしれません。

 

今回も極端な例でお伝えしたいと思います。

 

1.お金が入ってこない(もしくは、遅い)

創業当初のA社ですが、ある会社と契約できました。

毎月、1000万円の売上になります。

経費は、毎月800万円です。

毎月、200万円の黒字。

売上、利益は、とても順調そうにみえます。

 

 

もう1つの気にすべき数字。

もちろん、お金。「現金預金」の残高です。

 

A社は、当初、現金預金が計3000万円あります。

経費は、毎月現金で払いますが、

売上は、5か月後の入金という契約でした・・・

 

4か月目で、マイナスになってしまいました。

(この例の場合は借入ができそうですが、)

借入ができなかった場合には、支払いが滞ってしまいます。

 

2.支払が多すぎる

B社は、現金商売。

売上1000万円、経費800万円は、先ほどと同じです。

しかし、初月の段階で現金残高が500万円しかなく、

借入金の返済が毎月300万円ありました。

 

経費にならない「借入金の返済」は、利益の計算には出てきません。

利益が出ていても、入金以上に出金があれば、残高はみるみる減っていきます。

もちろん、これだけわかりやすければ、

資金ショートする前に、借入するなど対策をするでしょう。

 

でも実際は、取引先や支払い条件も何パターンもあって、

税金の支払いは年に1回だけだったり・・・

いつ、いくら入って来て、いくら払わないといけないか、

支払い前の預金残高は、いくらなのか、把握できているでしょうか。

気づいたときには

残高が底をついていたってことになりかねません。