期限申告後のペナルティ(所得税青色申告の場合)

申告期限の3月15日が過ぎ、はじめての週末を開けました。

っと一安心されている方が多いと思います。お疲れさまでした。

 

 

が、まだ申告が終わっていない!!

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

申告期限が過ぎてしまうとどんなペナルティがあるのか、ご存知でしょうか?

 

1.無申告加算税

納付すべき税額のほかに、ペナルティとして無申告加算税が課されます

納付すべき税額 加算税率
50万円まで 15%
50万円超の部分 20%

 

(例)納付すべき税額が90万円の場合

500,000×15%+(900,000-500,000)×20%=155,000円

 

※過去5年は期限内に申告をしており、
かつ、申告期限後1月以内に期限後申告を行えば免除されます!

税務署に対しても『信頼の積み重ね』って大切なんです。

 

2.延滞税

期限までに納税していないため、『利息』相当する延滞税が課せられます。

 

未納付期間 延滞税率
納期限まで・納期限から2か月 2.6%
2か月経過後 8.9%

※平成30年の場合

 

(例)納付すべき税額が90万円、8/31に申告した場合

900,000円×2.6%×169日÷365日=10,800円

 

ちなみに、期限後申告の場合には、申告日(8/31)が納期限になります。

そのため延滞税率は2.6%で計算します。

 

期限内に申告し、納税が8/31になった場合は・・・

900,000円×2.6%×61日÷365日+900,000×8.9%×108日÷365日=27,600円

 

期限内申告であれば無申告加算税のペナルティはありませんが

延滞税のペナルティは、期限後申告よりも重くなるという結果になります。

 

3.青色申告の65万円控除が受けられない

65万円控除は、期限内に申告した場合に限り適用されます。

そのため期限後申告の場合には、10万円控除となってしまいます。

 

控除が55万円減る。つまり税金が掛かる所得が55万円増えます。

どれだけ増えるかというと・・・

所得税等:28,077円~252,697円(復興税含む)

住民税 :55,000円

さらに国民健康保険に加入している場合には、保険料も増額となる可能性があります。

国民健康保険料:62,150円~77,440円(枚方市H29年分)

 

 

申告期限が過ぎてしまうと、数十万円のペナルティが課される場合があります。

払わなくてもよかった税金。

数十万円の利益を出そうと思ったら、いくらの売上に相当するでしょうか。

 

 

もうすでに3月です。

期限内に申告された方もそうでない方も、

1月、2月の月次決算は、もう終わっていますか?

税金の申告は年に一度ですが、

経営に数字を活かすには、毎月決算ことが大切です。