老後のために貯金をしつつ、節税も。

大企業で働いていた会社員や公務員であれば、

ある程度の『退職金』を受け取ってあとは

悠々自適ライフ・・・

少なくともこれまで退職した人たちは、

そういう方も多かったと思います。

 

 

しかし、いま30代40代の人たちは

いくらの退職金を手にいれることができるでしょうか。

 

 

一方、フリーランスやひとり社長、

先生業といった定年のない方たちは、

決められた『定年』はないですが、

誰も退職金の準備もしてくれません。

 

個人事業主、ひとり社長でも

いつかは引退のときがやってきます。

 

いつか引退したくなったとき、

手元にまとまったお金がないと不安になると思います。

 

 

『まとまったお金』っていくらでしょうか。

5000万円?1億円?

漠然と、お金がいるな、とは思っていても

引退時にいくら残しておきたいか決めているでしょうか。

 

たとえばこんな感じに考えみてください。

65歳に引退する!あと30年だ!

引退後、20年くらいは生きてるだろう。

1月あたり10万円くらい使えるようにしておこう。

10万円×12月×20年=2400万円

まとまったお金を準備する方法は、

投資で増やすか、コツコツためるか、一発当てるか・・・

 

 

コツコツ貯める派の方にオススメなのが、

貯金をしながら節税ができる小規模企業共済です。

中途で引き出したりはできませんが、

月1,000円~70,000円を掛けることで退職金の準備ができます。

 

たとえば、満額7万円を30年貯めれば・・・

月7万円×12月×30年=2520万円

 

 

引退後20年生きるとしたら、

引退までに働いている期間とあまりかわりません。

お金の心配なく引退するためには、

少しでも早く貯め始めないと、どんどん苦しくなります。

 

 

この小規模企業共済。

掛け金は、全額『所得控除』になります。

年間最大84万円の所得控除。

つまり84万円分は所得が少なくなるので、税金が掛かりません。

節税しながら、貯金ができるんです!

 

84万円。

最低税率でも年間約12万円(所得税・住民税)効果があります!

30年で12万円×30年=360万円!

最高税率では、年間約46万円

 

ほぼゼロ金利の銀行に預けるより

節税しながら貯める方が、オトクです。

 

ご自身の場合に、どれだけ節税効果があるかは、

専門家にお訪ねください。