税務署への送付は「郵送」で!

 

税理士登録後、
はじめての確定申告を無事終えることができました。

 

まだ終わってない!!!
という個人事業主の方に気を付けて頂きたい
申告期限について、記載しておきます。

 

今年の所得税の確定申告も終盤。
申告期限は3月15日です。

 

申告期限までに、
税務署に提出しないと

青色申告特別控除(いわゆる65万円控除)が受けられなくなります。

所得税が最低税率5%でも、

住民税、国民健康保険料などなどあわせると
18万円ほど増税になる可能性も・・・

1日遅れるだけで、
海外旅行にいけるほどの損失です。

 

間に合うなら何としてでも

提出期限までに出さないといけません!!

完成がギリギリとなったときのために、

いったいどの提出方法が
一番遅くまで対応しているか
確認しておきましょう。

税務署の窓口:15日17時
郵送      :15日消印有効(郵便局による)
電子申告   :15日23時59分59秒

所轄税務署の時間外収受箱への投函
:15日23時59分59秒

税務署に直接持っていけたり、
電子申告できる方であれば、
日付変わるギリギリまで受け付けてもらえます。

しかし、税理士以外が電子申告を行うことはまだまだ少なく
税務署まで行けない方は、郵送での提出が現実的。

郵便局から送る方法として、いろいろありますが・・・
ゆうパック、ゆうメール、ゆうパケット、クリックポスト、
レターパック、簡易書留、特定記録、スマートレター、定型郵便物、定形外郵便物

この中で使えるものは、「信書」が送れるものだけ!

信書を送れる

レターパック、簡易書留、特定記録、
スマートレター、定型郵便物、定形外郵便物・・・を使えば、
税務署に到着するのが3/16以降となっても

3/15に提出されたとみなされます。

 

ただし、3/15の消印があっても
金額不足で戻ってきたりすると、認めてもらえません。

 

余裕をもって、行動すれば、考えなくてもいいことです。

 

経理作業、申告作業を溜め込んでも
領収書などを無くす可能性が高まるばかりで
いいことはありません。