事業用のお金と生活費わけられていますか?

個人事業主の方は、

「事業用のお金」と「その他のお金(生活費)」は、

明確にわけて保管しないといけません。

事業用の通帳、事業用の財布を準備して、

生活費とごっちゃにならないように分けるのが正しい姿です。

 

しかし、めんどくさい、という理由で

分けていないという方も多いかと思います。

 

生活費が足りなくなったら都度、

通帳から引き出して使ってしまう。

 

そんな状態が続いていると、

生活費にいくら使っているのか?

事業としては、お金は増えているのか、減っているのか? など

把握できない状態に陥ってしまいます。

 

 

絶対に遅刻できない予定があると時間を意識しますよね。

けど、予定が何もない日だとだらだらしてる間に

時間が経ってしまっていたって日も多いと思います。

 

それと同じように

お金も日頃から意識していないとずるずる使ってしまいます。

 

まずは現状把握。

前年の決算書で確認してみてください。

貸借対照表に「事業主借」・「事業主貸」という項目が記載されています。

それぞれ、いくらですか?

その金額の中身を説明できますか?

 

この数字、「事業用のお金」と「その他のお金(生活費)」を

きちんと分けている方であれば、すぐに答えられます。

 

それぞれ何が入っているかというと、

「事業主借」は、「生活費」を事業用に使ったことを表します。

・生活費から事業用の口座に入金した

普通預金/事業主借 10,000円

・生活費で事業用の経費を支払った

外注費 /事業主借 10,000円

「事業のために」生活費からお金を使ったら「事業主借」勘定が現れます。

ただし、例外として、

事業用の預金口座に利息が入金されたとった場合も「事業主借」を使います。

普通預金/事業主借   5円

 

事業用のお金をきちんとわけていて、

事業のお金で回っているのであれば、

「事業主借」はほとんど出てくることはありません。

この金額が多いほど、お金がごっちゃになっていると言えます。

 

 

また、「事業主貸」は、「事業用のお金」を「生活費」に使ったことを表します。

・事業用の口座から生活費を引き出した

事業主貸/普通預金 10,000円

・事業用のお金で、日常生活に使うものを買った

事業主貸/ 現金  10,000円

・売掛金を現金で回収したがその現金を個人の財布に入れた

事業主貸/売掛金  10,000円

個人事業主である以上、事業で稼いで生活費にしていると思いますので、

給与のように毎月一定額を引き出すとわかりやすいと思います。

 

したがって、生活費と事業用のお金が

きちんと区別された状態であれば、次のようになるはずです。

「事業主借」:事業用通帳の預金利息のみ

「事業主貸」:生活費×12か月分

 

「事業用のお金」と「生活費」わけて

まずは現状把握から初めてみませんか。