手取り収入っていくらあるか、わかりますか?

 

所得税の確定申告。

年に一度、まとめて集計するという方にとっては、憂鬱な時期ですよね。

 

確定申告を行うと

所得税額が確定します。

 

そこで質問です。

「前年の手取り収入がいくらだったか、わかりますか?」

 

会社勤めの方なら、毎月、給与日に入金される額なので、

ほとんどの方が即答できると思います。

 

個人事業主の方は、意識されていない方が多いのではないでしょうか?

 

手取り収入。可処分所得ともいいます。

 

給与の方であれば、

給与収入(額面)から

社会保険料(年金・健康保険・雇用保険)、税金(所得税・住民税)を

差し引いた額。

残りは手元に残って、生活費や貯蓄に使える額です。

 

手取り収入がわからない方は、

生活費にいくら使えるかわかっていない、という場合が多いと思います。

 

実は、個人事業主の方の場合、

手取り収入を把握するのは、少し面倒なのです。

 

だからと言って、

生活費にいくら使えるかわからない、という状態が続くのも

お金の不安がつきまとう原因の一つになります。

 

なので、今日は、手取り収入をざっくり計算する方法をお伝えします。

 

準備するものは、つぎの5点。

・前年の確定申告書

・青色申告決算書

・住民税通知書(前年6月頃に市役所から届いたもの)

・事業用の借入金の返済予定表(ある方のみ)

・電卓(スマホやPCの電卓機能でも構いません。)

 

計算には、次の金額を使用します。

①青色申告決算書「青色申告控除前の所得金額」

②青色申告決算書「減価償却費」

③返済予定表「前々年12月末の残高、前年12月末の残高」

④確定申告書「社会保険料控除額」

⑤確定申告書「所得税及び復興特別所得税の額」

⑥住民税通知書「年税額」

 

あとは、電卓で、足し算・引き算・割り算です。

1.前年の返済額を計算する(ある方のみ)

返済額=前々年12月末の残高-前年12月末の残高

2.年間の手取り収入

手取り収入(年間)=①+②-返済額-④-⑤-⑥

3.月間の手取り収入

手取り収入(月間)=手取り収入(年間)÷12

 

これで、ざっくりとした手取り収入が計算できたはずです。

 

なお、前中に

事業用資産を購入したり、新たに借入したりした場合には、

計算がもう少し複雑になります。

 

前年は、手取り収入の範囲内で生活できていたでしょうか?