出金は、右! 借方、貸方の覚え方

確定申告のこの時期、来年からは65万円控除に挑戦するぞ!!

って気合の入っている方もいらっしゃるかと思います。

 

「簿記」をはじめて、多くの人が最初につまずくであろう、

「借方」・「貸方」って左・右どっちなんだ、問題。

 

 

 

『出金は、右!!!!!』

 

 

 

これさえ覚えていれば、ほとんど乗り切れます。

 

1.普通預金に現金100円を預け入れた

手許の現金が出ていった→出金は右!

普通預金/現金 100円

 

 

2.消耗品100円を現金で買った

手許の現金が出ていった→出金は右!

消耗品費 / 現金 100円

 

3.建物の減価償却費100円を計上した。

減価償却費は経費→他の経費はお金を払う

→出金は右!(経費/現金)→経費は左!

減価償却費/建物 100円

 

4.商品100円を売って、現金を受け取った。

出金ではないから左!

現金 / 売上 100円

 

 

仕訳の左・右で迷ったら、

すべて『出金は、右』を元に考える。

 

私はこうして覚えました。

 

 

 

ちなみに・・・、

『貸借対照表』なのに『借方/貸方』

左右、逆だからややこしいんだ!!!!

 

って、誰もが一度は思ったことがあるはず。

私も一度どころか何度もつまづきました。

 

 

諸説あるとは思いますが、私はこの説明で納得しました。

 

『表 照 対 借 貸』

 

福沢諭吉が訳したと言われているらしいですが、

当時、文章って右から書いていたんです・・・

 

これなら、『借方/貸方』で納得です。

 

 

この名残で、簿記の初心者が苦しめられるわけです。

 

しかし、借方・貸方ってコトバには何の意味もありません。

苦労して覚えたからって、

カッコつけて『借方・貸方』使う必要もありません。

 

右・左の方が伝わります!

 

『出金は右!!!!』

 

これだけ覚えれば乗り切れます!