カード会社の明細書では、無駄な税金を払わされる!?

 

 

 

 

 

『税金なんて払いたくない!』

って思っている方が多いと思いますが、

 

その中でも、大きくは2つのグループに分かれます。

 

 

1.(余計な)税金なんて払いたくない!

 

2.税金なんて(1円たりとも)払いたくない!

 

 

もちろん人それぞれ考え方は違うので

どちらが正しい、ということはないですが、

個人的な意見としては、

1の考え方をされる方の力になりたいと思っています。

 

 

日本で暮らすのも外国で暮らすのも自由に選択できます。

日本で暮らすと選択した以上は、

この国のルールを守り、生活していくのは当然のことかなと。

 

この国のルールが嫌なら、移住するという選択をすればいいんです。

もちろん政治家になって国を変えるって選択もあります!

 

それでは、

余計な税金を払わないためのポイントです

 

1.カード会社の明細書があるから、領収書は捨てていいんでしょ?

個人事業主やひとり社長の方でも、

個人のクレジットカードで支払っている方も多いです。

 

クレジットカードで支払えばカード会社から明細書をもらえるから、

お店の領収書は捨ててしまうって方がいらっしゃるんですが、

お店の領収書(もしくはレシート)は必ず保管してください!

 

2.なぜ領収書が必要なの?

クレジットカード払いの場合、2つの取引をしていることになります。

関係者は3名になります。(購入者A,カード会社B,お店C)

 

契約① 購入者Aとお店C

商品を購入します。(領収書もしくはレシート)

代金は、カード会社Bから支払います。

 

契約② 購入者Aとカード会社B

お店Cに商品代を支払ってといてください。

お金は後日請求してください。(カード会社の明細書)

 

 

『カード会社の明細書』はあくまで、

購入者Aとカード会社Bとの取引内容が書いてあるだけです。

 

領収書(もしくはレシート)が

購入者Aとお店Cとの取引内容を記載した書類になります。

 

お店Cとの取引の証拠書類としては、

お店Cが発行した領収書(もしくは)レシートが必要です。

 

また、カード明細では支払い金額しか記載されておらず

何を購入したかなどの取引内容がわかりません。

 

3.領収書がなかったら、払わないといけない無駄な税金って?

 

消費税に限った話ですが、

消費税を負担したことを証明する書類は保管義務があります。

 

またその書類は

『お店が作成した領収書』に限定されているため、

『カード会社の明細書』ではダメです。

 

どれくらい余計な税金を払うことになるかと言うと、

領収書がなくカード明細だけの金額が108万円だったとします。

単純計算で、消費税分の8万円を『余計に』支払う必要があります。

 

4.まとめ

カード明細だけでは、余計な税金を払わなければならないかもしれません。

 

お金にまつわる書類は、

すべて残しておけば『余計な』税金を払う可能性を減らすことができます。