サラリーマンの節税…選択肢が少ない②

 

前回に引き続き、サラリーマンの節税についてです。
サラリーマンの節税…選択肢が少ない①

得控除』と『税額控除』しか検討の余地がない、

というお話でした。

今回は、『税額控除についてです。

税額控除

サラリーマンに関係のある税額控除は・・・11個!
改めて列記してみると、11個もあるのか!と驚いてしまいました。

だがしかし、使う機会があるのはあまり無いです・・・。

期待せずに、ご覧ください。

配当控除

株の配当所得がある方が対象です。

上場株の配当は「申告分離課税」または「総合課税」を選択できます。

申告分離課税の税率は、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)です。

一方、「総合課税」を選択すると、

13.01%(所得税10.21%、住民税2.8%)の税額控除が受けられます。

「総合課税」は所得によって税率が段階的にあがるので、

税率が低い方は、総合課税を選択した方が節税になったりします。

最大18%くらい税率差があります!

確定申告が必要なので、手間が掛かります。

確定申告不要のサラリーマンにはオススメしません・・・

住宅ローン控除の仲間たち

・住宅借入金等特別控除
・特定増改築等住宅借入金等特別控除
・住宅耐震改修特別控除

・住宅特定改修特別税額控除
・認定住宅新築等特別税額控除

家を買ったときだけと思われがちな住宅ローン控除

いまは派生型が増えて、
増改築したり、耐震補強したり、バリアフリー化したりで
ローンを組んだ場合にも使えるようになってます!

外国税額控除

1つの所得に対して、外国でも税金が掛かっていれば、

二重課税を排除してくれます。

海外株式の投資とかやってる人だと対象となることがあります。

寄付金控除関係

・政党等寄付金特別控除

・認定NPO法人等に対する寄付金に係る特別控除
・公益社団法人等寄付金特別控除

大きな災害とかあると寄付される方いますよね。
赤い羽根共同募金とか。
そう公益的な団体への寄付が対象になります。

なお、所得控除との選択適用です。

災害減免額

こちらも所得控除との選択適用です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そのうち使えそうなもの、ありましたか?

特にサラリーマンの方は、年末調整のおかげで、
所得税のしくみについてご存知ないかと思います。

少しでも余計な税金を払うことが無くなれば幸いです。