仮想通貨の確定申告どうやるの?

平成29年12月1日、国税庁のHPで仮想通貨の取扱について公表されました。
(個人課税課情報4号 仮想通貨に関する所得の計算方法等について)

実際にやってみないとわからないってことで、

国内の仮想通貨の取引所一つであるCoincheckに口座を開設してみました。

ビットコインを実際に取引してみて気づいたこともあったので、まとめてみます。
(出金に手数料が掛かるため、手数料分だけ稼いでみました。)

Q1.仮想通貨って、確定申告必要なの?

仮想通貨の売買などによるは、『雑所得』になります。

次のすべてに該当する人は、確定申告する必要はありません。
 1.①収入は給与だけである
   ②年末調整を受けており、確定申告をする必要がない
   ③雑所得の金額の合計が20万円以下である。

 2.①収入は年金だけである
   ②年400万円以下で確定申告不要制度の対象となっている
   ③雑所得の金額の合計額が20万円以下である

それ以外の人は、確定申告が必要になります。
 (例)給与所得者で、ふるさと納税、医療費控除、住宅ローン控除(初年度)などのため、確定申告をする人
    年金所得者で、社会保険料控除、医療費控除、ふるさと納税などのため、確定申告をする人
    不動産所得、事業所得など、毎年確定申告をしている人

なお、確定申告をする必要がある人については、
雑所得が20万円以下でも確定申告が必要です。

雑所得が20万円以下だから確定申告しなくていい人は、
そもそも確定申告をする必要がない人だけです。

確定申告をするとなったら、厳密に言えば、雑所得が1円でも申告は必要です。

Q2.何が雑所得になるの?

仮想通貨で儲けが確定した場合に、雑所得になります。

 1.100円で購入した仮想通貨を200円で高く売った

 2.100円で購入した仮想通貨で、200円の商品を購入した

 3.100円で購入したビットコインで、200円分のビットコインキャッシュを買った

儲けが確定したものが対象となります。

したがって、
100円で購入した仮想通貨が200円に値上がりしているけどまだ持っている、
という状態(含み益)であれば、申告の対象とはなりません。

Q3.購入した金額はどうやって計算する?

仮想通貨を購入した金額(取得価額といいます)は、

単価×数量+手数料で計算します。

 (例)1BTC100万円のときに、0.5BTC購入し、手数料1,000円を支払った
     取得価額=1,000,000(円/BTC)×0.5(BTC)+1,000(円) =501,000円

なお、追加で購入した場合には、『移動平均法』で計算します。

 (例)上記に続けて、1BTC200万円のときに、1.5BTC購入し、手数料1,000円を支払った
     取得価額=2,000,000(円/BTC)×1.5(BTC)+1,000(円) =3,001,000円
    合わせて2BTCを3,502,000円で購入したことになるので、
    平均すると1BTCあたり1,751,000円になります。

Q4.ビットコインをもらったら?

今回、Coincheckで口座開設すると、0.0003BTCをもらえるキャンペーンをやっていました。

この場合には、0.0003BTCを0円で取得したと考えます。

他にビットコインを購入したら、先ほどの移動平均法で計算することになります。

Q5.ビットコインでは利益が出たが、ビットコインキャッシュで損をした。

利益と損、どちらが多いかによって扱いが異なります。

 ①ビットコインで100万円の利益が出て、ビットコインキャッシュで50万円の損をした
  雑所得=100万円ー50万円=50万円

 ②ビットコインで50万円の利益が出て、ビットコインキャッシュで100万円の損をした
  雑所得=50万円ー100万円<0 ∴

雑所得の中で、損益の通算はできます。

しかし、雑所得が全体でマイナスとなった場合には、

他の所得との損益通算や、翌年度以降への損失の繰り越しはできません。

まとめ

仮想通貨は雑所得となり、基本的に確定申告が必要です。

取得価額を移動平均法で計算するなど、面倒なことも多いので

年内のうちに準備をはじめられることをオススメします。