レシート『すべて』集めてますか?

会社の決算書は、1円の間違いもないはずです。

しかし、

小さい会社では、個人(社長)のお金と、会社のお金が分けられていないことも多く

その結果、多少の不明金は『役員貸付金』で処理されてしまいます。

 

経理の基本は、『情報を集める』こと。

情報を集めて、漏れなく費用計上できれば、

それだけでも節税につながります。

レシート=金券

法人税の最低税率は15%です。(資本金1億円以下、課税所得800万円以下の場合)

たとえば1000円の消耗品を買って、

レシートをもらい忘れた、もしくは無くした場合。

 

1000円くらいなら、まぁいいか と思って

会社の経費に計上するのを諦めたことありませんか?

 

1000円の経費が計上されたなかった、

つまり、その期は、利益が1000円多く計上されたことになります。

レシート1枚を無くしたために、

 1000円×15%=150円

余計な税金を払うことになってしまいます。

 

レシートは15%の金券だと思って大切に保管してください。

自販機での購入も経費に。

レシートがもらえない場合は、メモ(出金伝票)を作成します。

たとえば、自販機で缶コーヒーを買った場合。

1人で休憩している時に買ったのであれば、個人的な買い物なので、

会社の経費にいれることはできません。

が、業者さんと立ち話するために、買ったのであれば、『会議費』になります。

忘れないように、その日のうちにメモ(出金伝票)を書いて、

会社の経費に計上してしまいましょう。

電車代など

これもレシートが貰えないので、メモを残します。

経常的に発生するものなので、Excelなどで『精算書』を作成して

1月分をまとめて計上すれば大丈夫です。

 

ただし、ICOCAなどICカードへのチャージは、

コンビニでの決済にも使えるので、チャージした段階では、経費計上できません。

冠婚葬祭など

領収書もらえないですよね。

仕事関係ならば、出金伝票残しておけば

『交際費』として計上できます。

ただし、証拠として招待状なども保管しておきましょう。

まとめ

そもそも払う税金が少ないのであれば、節税策は限られてしまいます。

しかし、だからこそ、余計な税金は払いたくないものです。

すべての経費を確実に計上することが、大切です。

1日数分でいいので、

その日に使ったお金の証拠が『全部』残っているか確認しましょう!