お小遣い稼ぎにネットで物を売ったら税金かかるの?

答えはyesでもありnoでもあります。

売却した『もの』によって扱いが異なります。

個人の所有物の場合

元々持っていたもの(土地や建物など不動産を除く)を売った場合には、
それが生活に通常必要かどうかで取り扱いが異なります。

 所得税が掛からないもの

生活に通常必要なものを売った場合には所得税はかかりません。

 <通常必要な>家具、家電、衣服など

また、1個30万円以下の貴金属、宝石、骨とうなども非課税です。

 所得税の掛かるもの

生活に通常必要なもの以外のものを売ったら所得税の課税対象です。

ロードバイクなど趣味用のものは金額に関係なく、課税対象になります。

また、1個30万円超の貴金属、宝石などが売れた場合も課税対象となります。

なお、所得区分は、『譲渡所得』です。

譲渡所得の計算

譲渡所得の計算は、所有していた期間によって異なります。
長期間(5年超)所有していたものの方が有利な取り扱いになっています。

 所有期間5年以下:収入金額ー必要経費ー50万円

 所有期間5年超 :〔収入金額ー必要経費ー50万円〕×1/2

  必要経費=取得価額ー償却費相当額+譲渡費用

 ※償却費相当額とは、減価償却累計額のことです。
  たとえば、5年前に150万円で買った楽器が120万円で売れたとします。
  この場合、120万円ー150万円=△30万円ですが、損失が出てるとはなりません。

   収入金額120万円ー(取得価額150万円ー償却費相当額96万円)-50万円=16万円

  売却金額が取得価額よりも低くても譲渡所得が出ることもあるので注意が必要です!

転売した場合

元々持っていたものではなく、

転売やセドリを目的に購入したものは、扱いが全く異なります。

この場合には、上記の30万円の判断や生活に必要かどうかは関係なく、

すべてが課税対象となります。

また、所得区分は、『事業所得』または『雑所得』です。

課税庁が把握しにくい、とは言え、
転売、セドリで生計を立てれるほど売買を繰り返していたら、
目立ちます。

少額でも無申告は脱税ですので、きちんと申告しましょう。
なお、確定申告が不要な給与所得者の場合は、20万円以下の所得は申告不要となります。

まとめ

お小遣い稼ぎで家にある不用品を売った場合には、
趣味のものである場合にも、50万円の控除があるため、
所得税が掛かることはほとんどありません。
ただし、貴金属やブランド品など価値が下がりにくい高価なものは、
注意が必要です。

お小遣い稼ぎでも転売・セドリなどはすべて課税対象であり申告が必要です。