うちの市は住民税が高い・・・って本当?

『うちの市は住民税が高い・・・』って話、よく聞きますよね。
けど、それって本当でしょうか?

他の人と比べることもできず、
なんとなく高いと思っている方も多いのではないでしょうか。

『住民税が高い』について考えてみました。

住民税の内訳

個人の住民税は、都道府県民税(例:大阪府)と市町村民税(例:枚方市)があります。

それぞれ、所得割と均等割があるため、次の4つの合計額になります。

 ①府民税所得割

 ②府民税均等割

 ③市民税所得割

 ④市民税均等割

所得割とは

所得割は、
稼ぎが多い人はそれだけ税金を納める能力があるので、
たくさん払ってください、という考え方です。

1年間の収入をもとに計算される『課税所得(課税される所得の額)』に税率を掛けて算出します。

 収入ー控除=課税所得

 課税所得×税率=所得割額

基本的に国税である『所得税』と考え方は同じですが、

 ①税率が一定である(超過累進税率ではない)

 ②所得控除額が異なる
 (例)基礎控除 所得税:38万円 住民税:33万円

などと言った違いがあります。

均等割とは

均等割は、
行政サービスを受けているのだから、
その分、一定額は負担をしてください、という考え方です。

市区町村に住むための基本料みたいなものです。

行政サービスなんて受けてない!!って方もいるかも知れませんが、
少なくともゴミ収集くらいは行政サービスを受けているのではないでしょうか。

収入が少ない方は、非課税となりますが、
給与収入でいうと100万円超(市町村によって多少異なります。)の方は、
均等割を納める必要があります。

ちなみに、所得税が非課税となる
いわゆる『103万円の壁』より低いので注意が必要です。

所得割の税率が高い?

うちの市は、住民税が高い!

ってことは、うちの市だけ、所得割の税率が高いのでしょうか?

所得割の税率は・・・基本的に10%(標準税率)です!

 都道府県民税 4%
 市区町村民税 6%

『基本的に』と書いたからには『例外』があるわけですが・・・

 財政破綻した北海道夕張市10.5%
 これが最高税率です!

 その他、兵庫県豊岡市    10.1%
     神奈川県の各市町村 10.025%

 ちなみに最低税率は、愛知県名古屋市9.7%です。

所得税の税率は、ほとんど10%で変わりません。

均等割が高い?

所得割じゃなければ、均等割が高いはず・・・

均等割の額は、基本的に4,000円(標準税率)です。
 都道府県民税 1,000円
 市町村民税  3,000円

ただし、こちらは例外がたくさんあります。

平成35年までは、基本額が5,000円。

東日本大震災がきっかけとなり、
防災のための財源確保のため、一律で500円ずつ加算されています。

 都道府県民税 500円
 市町村民税  500円

みどり税だとか環境税だとか・・・

また、各都道府県、市区町村によって
それぞれで定めた加算額があります。

すべて紹介するのは大変なので何個か例をあげると・・・

<都道府県>
 みやぎ環境税(宮城県)   1,200円
 みえ森と緑の県民税(三重県)1,000円
 県民緑税(兵庫県)      800円
 森林環境税(大阪府)     300円
 水源環境保全税(神奈川県)  300円

<市区町村>
 北海道夕張市   500円
 愛知県名古屋市 -200円 
 

たしかに宮城県や三重県で年間1,000円以上加算されていますが、
『うちの市は高い!』と強調するほどの結果ではありません。

行政サービスはちがう

見てきたように、多少の違いがありますが、
実際の負担額としては、
どこの市区町村に住んでても大して変わりません。

ただし、行政サービスは市区町村によってかなり違います。

行政サービスが充実している市区町村に住めば、
相対的に住民税の負担が軽くなると思います。

まとめ

金額だけ比べると『うちの市は住民税が高い!』
って言うほどの違いはありません。

しかし、行政サービスがほとんどないから相対的に高い!
ってことはあり得えるます。

同じ住民税を払うのであれば、
行政サービスが充実している市区町村を選べばお得かもしれません。


大阪府枚方市の30代税理士なら多田税理士事務所