所得税率って何%なの?超過累進税率について分析する。

所得税の税率って何%か知っていますか?

・・・即答できないですよね。

その理由は、超過累進税率が採用されているからです。

ちょうかるいしんぜいりつ。『超軽い新税率』だと嬉しいんですが。。。

超軽いわけではないですが、

所得の少ない人には低い税率を、

所得の多い人には高い税率になるよう、工夫されています。

所得の額によって、税率がどう変化するのか、分析してみました。

所得税額の計算方法

まずは、超過累進税率について。

税率は7段階。

最高税率は4000万円超の課税所得(税金が課される所得)について45%です。

課税所得5000万円で計算してみます。

 ①195万円まで 5%
  195万円×5%=97,500円

 ②195万円~330万円 10%
   (330万円ー195万円)×10%=135,000円 

 ③330万円~695万円 20%
  (695万円ー330万円)×20%=730,000円

・・・といった感じに上限を超えた部分について
段階的に高い税率が適用されていきます。

課税所得が5000万円の場合、所得税額17,704,000円です。(税率35.4%)

(内訳)

0 195万円 5% 97,500円
195万円 330万円 10% 135,000円
330万円 695万円 20% 730,000円
695万円 900万円 23% 471,500円
900万円 1800万円 33% 2,970,000円
1800万円 4000万円 40% 8,800,000円
4000万円 5000万円 45% 4,500,000円

 

図にするとこんな感じ。

オレンジ色が所得税部分です。図をクリックすると拡大します。)

1800万円を超える部分では、40%以上取られます。。

大台 1000万円までの税率

課税所得5000万円はなかなか到達できる域ではないですね。

目標とされることの多い大台 1000万円までの税率変化をグラフにしてみました。

(図をクリックすると拡大します)

横軸は課税所得。左縦軸は所得税額(青線)。右縦軸は所得税率(オレンジ線)になります。

超過累進税率が20%を超える330万円あたりから

税負担率が急に上昇しています。

 

課税所得330万円。独身のサラリーマンでいうと年収600万円ほどでしょうか。

ある程度、納得できる水準に設定されているのではないでしょうか。

 

参考に、200万円刻みの所得税額と所得税率を表にしました。

課税所得 所得税額 所得税率
200万円 102,500円 5.1%
400万円 372,500円 9.4%
600万円 772,500円 12.9%
800万円 1,204,000円 15.1%
1000万円 1,764,000円 17.6%

 

まとめ

所得税額は、『課税所得』に所得税の超過累進税率を掛けて計算します。

自分がどれくらいの税率なのか、意識しておくことで、

節税策をとるか否かの判断材料になります。

(課税所得についてはコチラ。)