税理士試験を振り返る。

8/8~10は、年に一度の税理士試験でした。

税理士試験は、全11科目。5科目受かれば合格です。

(税理士になる方法は、税理士試験以外にもあります。)

平成29年7月末日現在、76,410人が税理士として登録していますが、

5科目合格者は、半数以下です。

 

自分が試験を受けていたとき、

周りの人はどれくらいのモチベーションで臨んでいるのか、気になっていたので、

他の人にとって参考になるかはわかりませんが、振り返ってみます。

 

動機はなに?

近年減少傾向にありますが、平成29年度の申込者数は41,242人。

受験者の数だけ税理士試験を目指す動機があるはずです。

まったく違う分野で仕事していた私は、

『転職したい』から、税理士試験を受けました。

かなり単純な動機です。

けれど、受かるかどうかで、将来が掛かっていたとも言えます。

勝算はある?

各科目、60点以上が合格点。

しかし、実際には、合格率が10~20%で推移しており、

相対基準になっています。

受験者数が一番多い簿記論では、上位1400人(上位10%)に入らないといけません。

 平成28年度実績 1,753/13,936(合格率12.6%)

 

年に一度の一発勝負。

当日の好不調はもちろんあります。

でも、

 体調悪かったから、また来年頑張ろう

 焦ってミスしたから、また来年頑張ろう

 山が外れたから、また来年頑張ろう

で、もう1年同じことを勉強できますか?

 

もちろん、

 絶好調でミスしなくて山が当たって受かっちゃった

 簡単な試験だからほとんど勉強しないでも受かる

って人も中にはいます。

 

凡人が短期間で受かりたいなら、リスクが高いと思っていたので、

絶対今年受かる!!と意気込んだ年は、

体調悪くて多少ミスしても上位10%に確実に入るという状態まで

全範囲を仕上げて臨みました。

 

何年かかる?

これから税理士試験を目指す人にとって一番気がかりなのが、

『受かるまで何年かかるか』だと思います。

早くて2年、長い人で10年以上と言われてます。

 

 1年で無理なのは、わかった。

 2年は我慢できるけど、10年掛かるなら辞めておこうか・・・

 

一言で言ってしまえば、人によります。

救いとなるのは、日本のトップレベルの人は受けない、ってことです。

上位互換の『公認会計士』試験があるため、

若くて賢い人はそちらを目指します。

 

2年で受かる人いるなら2年で受かってやろうじゃないか。

2年間勉強に専念して5科目取るというと計画を立てました。

結果は・・・4年掛かりました。

 1年目(受験専念) 〇簿記論 〇財務諸表論 ×消費税法

 2年目(受験専念) 〇消費税法 〇法人税法

 3年目(税理士事務所勤務) ×相続税法

 4年目(税理士事務所勤務) 〇相続税法

 

1年目の消費税法。
 試験1ヶ月前に、簿記・財表を確実に合格するため撤退しました。

3年目の相続税法。
 試験後の9月から通常コースが始まりますが
 就職したこともあって、1月から勉強をはじめました。
 確実に上位10%に入るレベルまで到達できず撃沈しました。

 

受かったのは、すべて勝算あるまで仕上げたときです。

試験直前には、落ちたら恥だと思っていました。

 

試験直後には、やらかした!落ちた!って毎回思ってましたが、

運よく受かってました。

優先順位を一番にできる?

勉強をしていたときは、

優先順位をぶっちぎり1番にしていました。

 

仕事よりも勉強優先。

遊びよりも勉強優先。

 

もちろん息抜きは必要ですが、

ミスしても上位10%に入るレベルまで仕上げようと思うと、

優先順位を1番にせざるを得ません。

 

要領のいい人は、

他のことしながらでも受かるんでしょうが・・・。

まとめ

閃きを要求される試験ではないので、

覚えてるかどうか、ミスなくせるかどうか、が勝負です。

 

必死になって繰り返しやれば、覚えます。

必死になって繰り返しやれば、ミスも減ります。

 

私の場合は、

 ここまでやって落ちたら恥だ。ってレベルまで仕上げてました。

ほとんど精神論ですね。

 

勉強の仕方自体も、

ミスが多いとこは間違いノートを作ってみたり、

まとめをつくってみたり、

基本的なことを繰り返してました。