スマホを割賦購入したときの仕訳

スマホを割賦購入したら、
端末代相当額を値引きしてくれたりしますよね。

そのほとんどが、通信料の値引きと明記されてたりします。

端末代ではなく通信料の値引き。
仕訳を考えてみました。

<条件>
1.端末代 64,800円(税込)
2.月2,700円を24ヶ月の分割払
3.毎月通信料を2,700円割引
4.月々の通信料6,480円

端末を割賦購入したとき

割賦購入(未払)のため、未払金を計上します。

また、10万円未満の端末が多いと思うので、消耗品費として計上します。

諸口   /未払金 64,800
消耗品費 /諸口  60,000
仮払消費税/諸口    4,800

毎月の支払

支払は、未払金の支払と通信料の支払いに分けて考えます。

支払額は、6,480円。

(内訳:通信料6,480円+分割払2,700円-割引2,700円)

未払金の支払

端末代を毎月2,700円、24回に分けて支払います。
未払金/現金預金 2,700

通信料の支払

端末代相当額の割引がありますが、割引は通信料の割引になります。

諸口   / 現金預金 3,780
通信料  /諸口    3,500
仮払消費税/諸口     280

中途解約した

分割払いが残っていても中途解約することもあります。

その時は、分割払いの残額を一括で払うことになります。

(例)12ヶ月で解約したとき
未払金/現金預金 32,400

まとめ

かなり煩雑な仕訳になってしまいますが

端末代分を購入時に費用計上できるメリットがあります。

 

簡便的な方法として、端末代を認識せず、

支払時に全額通信料として処理することも

おそらく認められると思います。